交通事故から治療まで

怪我人の保護と二次被害防止措置

画像の説明

何よりもまず、人命が第一です怪我人がいれば安全な場所へ避難しましょう
救急車を手配し到着するまで救護しましょう
また、二次被害防止のためハザードランプや三角表示板などを設置しましょう


必ず警察へ連絡

画像の説明

事故の大小、怪我人の有無に関係なく
必ず警察へ連絡します
保険会社に保険金を請求する場合には
交通事故証明書という書類を警察から
発行してもらう必要があるからです


相手方の確認

画像の説明

相手の氏名・住所・電話番号・生年月日
ナンバープレートなどを確認しましょう
相手方の保険会社(自賠責保険・自動車
保険)がわかる場合には、証券番号や
連絡先も確認します。


保険会社へ連絡

画像の説明

ご自身の加入している自動車保険会社に
連絡し必要に応じてレッカー車の手配や
今後の流れについて説明を受けます
後からトラブルになるケースもあります
どのような事故でも保険会社に相談する
ことをおすすめします。

またその場では絶対に口約束や交渉など
をしないようにしましょう
相手には「今後は保険会社に任せます」
といった説明をしましょう。


外傷や症状がなくても必ず病院で検査

画像の説明

骨折や脳に損傷が無いかレントゲンや
MRIなどで検査をしましょう
今現在、症状がなくても時間が経過した
後に痛みやシビレなどが出現するケース
が多いからです